休むも相場

ウサギのまーさん > レア情報 > 休むも相場

休むも相場

2014年8月11日(月曜日) テーマ:レア情報

パソコンのディスプレイの前に座り、止まることなく変化している為替レートを見てしまうと、どことなくトレードをするという欲求に煽られる方も少なくないと思います。

http://maruta.be/gamapart

しかし、あやふやな感覚でエントリーするのは、絶対に避けてほしい。

 

ご覧の通り、相場は昼夜を問わず、どういう時でもいずれかの国で市場が変動しているし、市場も常時、動いています。

 

そうであっても、立て続けに売買をしていると、その分だけ損失が生じる確率が上がってしまいます。

 

言うまでもなく、売買の回数を積む事で結果的に勝つ確率が半々になります。

 

でもその事実は「明確でないインスピレーションで注文」とは話が異なります。

 

売り買いの回数を積むということは、「ここで勝負」と直感した勝算を持ったところでの売り買いの回数を積み重ねるという意味です。

 

格段の理由がなく、休む間もなく売買を重ねるのとは全く異なります。

 

市場の戦いに勝利するためには自分が思案してけじめをつけることが重要です。

 

「ここは!」と思い至った相場の時には所持ポジションを増やして、積極的に利益を求めます。

 

「だいぶ分かりにくい外国為替相場で、どう上下するのか思いつかないな」と思い至った時は観念して保持ポジションを見切りをつけて黙っています。

 

このぐらいのメリハリがあったほうか結果的に売買は勝てます。

 

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

まさに言葉どおりです。

 

為替取引とは、いつも売買ポジションを所持する事が重要ではなくどれも持たないでじっと待っている事もまた、外国為替相場です。

 

では、どのタイミングで、休みどきなのでしょうか。

 

ひとつめは、先述した通り、最近の相場展開が具体的によく見えない時。

 

ここからどちらにいくのか判断できない時は何も考えず行動すると、思い描いたストーリーとは逆に相場が推移してしまい、損失を被る事になります。

 

だから、こういう時はポジションを減らして何もしないで様子をみるのが最善の策です。

 

もうひとつの場面は、あなた自身の体調が変なときです。

体の調子とマーケットに影響ないと感じる方もいるだろうが。

 

実際には思いのほかつながりがあります。

体の状態が悪い時は相場の大事な場面で、正しい決断ができない。

興味がわかない時は、取引から距離を置くことも大切な事です。

 



関連記事

マイクロバブルシャワーを使ってみて本当に良かった

マイクロバブルシャワーを使ってみて本当に良かった

2014年8月18日(月曜日)

休むも相場

休むも相場

2014年8月11日(月曜日)