例えば

ウサギのまーさん > エリア > 例えば

例えば

2014年8月11日(月曜日) テーマ:エリア

FX初心者の方がマーケットのポイントを見つけるには、初めに取引経験を積む事が不可欠です。

 

あらかじめピンチを感づくようにするには、へまをすることも経験のひとつです。

 

言うまでも無く、負けたといっても、重大なミスをする事は問題外です。

 

小さい失敗を何度も重ねる事が最終的に自身の場数を増やす事が出来ます。

 

それを考えると、初めは少ない資金でエントリーして、何度か簡単な間違いをすることが大切です。

http://sanako2013.meblog.biz/

例えとして、100万円だけしか投資に回すお金のない人が深く考えずに100万円を全てつぎ込んで売り買いすると、マイナスになった時、その後取り返せない恐れがある。

 

それより、ひとつの例として10万円ずつ小分けしてトレードを行ないここで売ったり買ったりを繰り返したほうが失敗を対応する術なども学習していくはずです。

 

はじめに小さな額で売り買いする事の長所は、前述したように、己の実戦を増やし、失敗を避ける技術を習得していく事にありますが、エントリーの回数を積み重ねて危険を少なくできるという価値もあります。

 

たとえば、1回限りのエントリーで儲けられる可能性が5割だとしよう。

 

この条件では、同じく5割の確率でマイナスになるリスクもあるということになります。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の比率で儲けられる事を意味している。

 

だがしかし、全部の資金を使って仕掛けをするということははっきりとした勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。

 

これでは単なる丁半バクチと同じ。

 

要するに、全てを投入して1回しか勝負しないと、これでは損失が生じる比率が高まります。

 

そのため、投資資金を全額賭けるのではなくいくつかに分割して回数を増やす事がリスク回避となります。

 

だからといって少しずつに分割しても、全ての注文で儲ける必要はない。

 

正しく言うと、勝つことが出来ないのが現実だ。

 

投資で不可欠なのは勝率ではなく、どれほど利益を上げるかです。

 

勝率5割でも、或いはそれ以下でも儲ける事は出来ます。

 

5割以上負けても損益が小さければわずかな勝利の利益で上手に利益を上げる事が出来ます。

 

そのために重要な事は、損を少なく、利益を大きくを覚えておく事です。

 

損益が出たらすぐさま損切り注文して逆に勝てる場面ではなるべく大きく利益を出す事が、FX取引初めての方が為替で勝利するための極意です。

 



関連記事

気になる!主人の過去!!

気になる!主人の過去!!

2014年8月25日(月曜日)

使ってみてよかった石鹸

使ってみてよかった石鹸

2014年8月25日(月曜日)

例えば

例えば

2014年8月11日(月曜日)

元金が帳消し

元金が帳消し

2014年8月 7日(木曜日)